コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅野長訓 あさの ながみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野長訓 あさの-ながみち

1812-1872 幕末の大名。
文化9年7月29日生まれ。浅野重晟(しげあきら)の孫。安芸(あき)広島藩支藩の新田藩主浅野家5代をついだが,安政5年本藩を相続,広島藩主浅野家11代となる。辻維岳(いがく)らを登用して藩政改革を推進。両度の幕長戦争で和議調停につとめ,大政奉還にも尽力した。明治5年7月26日死去。61歳。前名は茂長。名は「ながくに」ともよむ。

浅野長訓 あさの-ながくに

あさの-ながみち

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あさのながみち【浅野長訓】

1812‐72(文化9‐明治5)
幕末・維新期の広島藩主。浅野長懋(ながとし)の5子として生まれ,初め浅野氏内証分家長容の養子となるが,1858年(安政5)広島藩主慶熾(よしてる)が嗣子なく没したため,宗家に入り,翌年,茂長(もちなが)と改名辻将曹らを年寄に登用して藩政改革を推進するとともに,両度の長州征伐王政復古の際も調停役として功があった。68年長訓と改名,69年病気により致仕,養嗣子長勲(ながこと)に家督を譲り,東京に没した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

浅野長訓 (あさのながみち)

生年月日:1812年7月29日
江戸時代末期;明治時代の大名
1872年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

浅野長訓の関連キーワード中川 久任浅野 長勲植田乙次郎野村帯刀片田春太阿部正桓明治時代生年月日中川久任浅野長厚浅野長勲石井修理浅野忠

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android