コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅野長訓 あさの ながみち

3件 の用語解説(浅野長訓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野長訓 あさの-ながみち

1812-1872 幕末の大名。
文化9年7月29日生まれ。浅野重晟(しげあきら)の孫。安芸(あき)広島藩支藩の新田藩主浅野家5代をついだが,安政5年本藩を相続,広島藩主浅野家11代となる。辻維岳(いがく)らを登用して藩政改革を推進。両度の幕長戦争で和議調停につとめ,大政奉還にも尽力した。明治5年7月26日死去。61歳。前名は茂長。名は「ながくに」ともよむ。

浅野長訓 あさの-ながくに

あさの-ながみち

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あさのながみち【浅野長訓】

1812‐72(文化9‐明治5)
幕末・維新期の広島藩主。浅野長懋(ながとし)の5子として生まれ,初め浅野氏内証分家長容の養子となるが,1858年(安政5)広島藩主慶熾(よしてる)が嗣子なく没したため,宗家に入り,翌年,茂長(もちなが)と改名。辻将曹らを年寄に登用して藩政改革を推進するとともに,両度の長州征伐王政復古の際も調停役として功があった。68年長訓と改名,69年病気により致仕,養嗣子長勲(ながこと)に家督を譲り,東京に没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浅野長訓の関連キーワード浅野浅野長厚浅野長員浅野長賢浅野長容浅野長寔浅野長喬浅野長経浅野長照浅野長友

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone