コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜村蔵六(5代) はまむら ぞうろく

美術人名辞典の解説

浜村蔵六(5代)

篆刻家。陸奥弘前の人。姓は三谷、名は裕、字は有孚、別に無咎道人・彫蟲窟主人と号す。金子簔香に篆刻を学び、さらに四代蔵六に学びその養嗣子となり五代蔵六を継いだ。中国で呉昌碩と交わる。初代中村蘭台らと丁未印社を組織した。晩年は陶製文字の創作などを行った。明治42年(1909)歿、44才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜村蔵六(5代) はまむら-ぞうろく

1866-1909 明治時代の篆刻(てんこく)家。
慶応2年生まれ。東京にでて,はじめ金子蓑香(さこう)にまなぶ。のち4代蔵六の養嗣子となり,5代をつぐ。中国の呉昌碩とまじわり,作風がおおきくかわった。明治42年11月25日死去。44歳。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)(青森県)出身。本姓は三谷。名は裕。字(あざな)は有孚(ゆうふ)。通称は立平。号は無咎(むきゅう),雕虫窟(ちょうちゅうくつ)主人。著作に「蔵六居印藪」「結金石縁」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浜村蔵六(5代)の関連キーワード浜村蔵六(2代)河井 荃廬石井 双石明治時代中井敬所益田勤斎石井雙石石井双石