コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜田幸一 はまだこういち

3件 の用語解説(浜田幸一の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

浜田幸一

1928年9月5日千葉県に生まれ、2012年8月5日に没した元政治家。不遇な幼少期を経て、1945年、日本大学農獣医学部拓植学科(現:生物資源科学部国際地域開発学科)に入学。69年の衆議院議員総選挙自由民主党から初当選。73年、中川一郎渡辺美智雄石原慎太郎らと共に自民党の政策集団「青嵐会」を結成、事務総長に就任。「武闘派」としての言動が注目され、その後、農林水産政務次官、防衛政務次官、衆議院建設委員長、予算委員長などを歴任。93年、政界引退。当選7回、閣僚への就任はない。引退後の同年12月に出版された著書『日本をダメにした九人の政治家』(講談社)は、発行部数160万部超の大ヒットとなり、タレントとしての活動も活発化するが、2010年、融資元の会社に2億円の損害を与えたとして背任罪で逮捕される(健康に問題があり公判中止)。12年、急性心不全にて死去。享年83。

(2012-08-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浜田幸一【はまだこういち】

政治家。千葉県出身。千葉県の富津(ふっつ)町(現,富津市)町会議員,同県の県議会議員を経て,1969年に旧千葉3区選出の自由民主党(自民党)衆議院議員(通算7回当選)となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜田幸一 はまだ-こういち

1928-2012 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和3年9月5日生まれ。千葉県議をへて昭和44年衆議院議員(当選7回,自民党)。党国民運動本部長をつとめ,48年青嵐(せいらん)会の結成に参加した。55年ラスベガスでの賭博(とばく)行為が発覚し,議員を辞職。58年復帰,62年予算委員長となるが,翌年「宮本顕治殺人者発言問題」で委員長を辞任。平成5年引退。平成24年8月5日死去。83歳。千葉県出身。木更津(きさらづ)中学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

浜田幸一の関連キーワード伊藤公平小川通司斎藤豊吉(1)作田彦重城保千葉邦胤千葉弥次馬野老誠ベイティ御園生卯七

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜田幸一の関連情報