コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜田青陵(せいりょう)賞 はまだせいりょうしょう

知恵蔵の解説

浜田青陵(せいりょう)賞

日本の科学的考古学の開拓者で、京都大学に初の考古学講座を開いた浜田耕作(号・青陵)を顕彰、没後50周年を記念して、郷里の大阪府岸和田市と朝日新聞社が学界の賛同を得て1988年に創設した学術賞。遺跡・遺物を資料とする考古、歴史、美術史その他関連諸科学の研究者が対象。第20回の受賞者は難波洋三(京都国立博物館)。 第19回までの受賞者は以下の通り。 第1回(88年)=東野治之(大阪大) 2回=都出比呂志(大阪大) 3回=小林達雄(国学院大) 4回=青柳正規(東京大) 5回=田中淡(京都大) 6回=春成秀爾(国立歴史民俗博物館) 7回=千田稔(奈良女子大) 8回=武田佐知子(大阪外国語大) 9回=山中敏史(奈良国立文化財研究所) 10回=菊池俊彦(北海道大) 11回=甲元真之(熊本大) 12回=上原真人(京都大) 13回=岡村秀典(京都大) 14回=今村啓爾(東京大) 15回=寺沢薫(奈良県教委) 16回=宮本一夫(九州大) 17回=佐藤洋一郎(総合地球環境学研究所) 18回=中村慎一(金沢大) 19回=福永伸哉(大阪大) 20回=難波洋三(京都国立博物館)

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

浜田青陵(せいりょう)賞の関連キーワード浜田 耕作松井章

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜田青陵(せいりょう)賞の関連情報