コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦上隆応 うらかみ りゅうおう

1件 の用語解説(浦上隆応の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦上隆応 うらかみ-りゅうおう

1856-1926 明治-大正時代の僧。
安政3年生まれ。真言宗高野山高幢竜暢(たかはた-りゅうちょう)に灌頂(かんじょう)をうける。高野山大学林でおしえ,横浜東福寺住職,無量寿院門首などをへて,大正9年京都仁和寺の門跡(もんぜき)となった。大正15年11月10日死去。71歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。著作に「般若心経帰一録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浦上隆応の関連キーワード紀行文学大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代結城寅寿ミシン穂積陳重古今亭志ん生

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone