コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦上隆応 うらかみ りゅうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦上隆応 うらかみ-りゅうおう

1856-1926 明治-大正時代の僧。
安政3年生まれ。真言宗。高野山で高幢竜暢(たかはた-りゅうちょう)に灌頂(かんじょう)をうける。高野山大学林でおしえ,横浜東福寺住職,無量寿院門首などをへて,大正9年京都仁和寺の門跡(もんぜき)となった。大正15年11月10日死去。71歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。著作に「般若心経帰一録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浦上隆応の関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎川本幸民