コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(か)れる ウカレル

デジタル大辞泉の解説

うか・れる【浮(か)れる】

[動ラ下一][文]うか・る[ラ下二]《「浮く」から派生した自発形か》
楽しくなって心がうきうきする。おもしろさに心を奪われる。「酔って―・れる」「月に―・れて歩く」
自然に浮く。浮かぶ。
「めぐりあふ末をぞたのむゆくりなく空に―・れし十六夜(いざよひ)の月」〈十六夜日記
当てもなく歩き回る。
「住吉(すみのえ)の津守網引の浮けの緒の―・れか行かむ恋ひつつあらずは」〈・二六四六〉
落ち着かなくなる。動揺する。
「さらぬだに―・れてものを思ふ身の心をさそふ秋の夜の月」〈山家集・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android