コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆上せる ノボセル

デジタル大辞泉の解説

のぼ・せる【逆上せる】

[動サ下一][文]のぼ・す[サ下二]
血が頭へのぼって、ぼうっとなる。上気する。「長湯で―・せる」「暑さで―・せる」
興奮して理性を失う。血迷う。逆上する。「―・せて前後の見境がなくなる」
すっかり夢中になる。熱中する。「アイドル歌手に―・せる」
思い上がる。うぬぼれる。「成功したからといって―・せるな」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

逆上せるの関連キーワード前後理性長湯見境

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆上せるの関連情報