コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)立つ ウキタツ

デジタル大辞泉の解説

うき‐た・つ【浮(き)立つ】

[動タ五(四)]
心楽しく、うきうきして落ち着かない状態になる。「旅行を前にして心が―・つ」
気持ちがうわずる。そわそわする。「反撃を受けてチームが―・つ」
周りのものから区別されて、よく目立つ。引き立つ。
「遠くから見たと同じ様に―・たない家であった」〈漱石・満韓ところどころ〉
雲や霧がわき起こる。わき上がる。
「―・つ雲の跡もなく行く方知らずなりにけり」〈謡・浮舟
乱れて騒がしくなる。不安に動揺する。
「日を経つつ世の中―・ちて、人の心もをさまらず」〈方丈記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android