浮(き)砲台(読み)ウキホウダイ

精選版 日本国語大辞典の解説

うき‐ほうだい ‥ハウダイ【浮砲台】

〘名〙 港湾の防御などのために海上に設けた砲台。艦船に丈夫なおおいを設け、多くの巨砲を備えつけ、砲台を水上に浮かべたように作ったもの。
※航米日録(1860)二「咸臨丸にも〈略〉其処に備置きたる浮砲台〈船にて造りたる砲台にて、進退自由なり〉にて頻に発砲す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android