海〓(“くにがまえ”の中に上に「西」下に「土」)梵覚(読み)かいえん ぼんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海〓(“くにがまえ”の中に上に「西」下に「土」)梵覚 かいえん-ぼんかく

?-? 南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越前(えちぜん)(福井県)慈眼寺の桃庵禅洞に師事してその法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺から越前心月寺,慈眼寺の住持をへてふたたび総持寺にうつり,晩年に泰蔵院をひらいた。長門(ながと)(山口県)出身。俗姓は藤原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android