海城(読み)かいじょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海城
かいじょう / ハイチョン

中国、遼寧(りょうねい)省中部の鞍山(あんざん)地級市に属する県級市。鞍山市と営口(えいこう)市の中間にあり、哈大(はだい)線(ハルビン―大連(だいれん))、瀋大線(瀋陽(しんよう)―大連)、溝海線(溝幇子―海城)、海岫線(海城―岫岩(しゅうがん))が通じる。常住人口109万7000(2011)。古くは遼東(りょうとう)郡に属し、南北朝、隋(ずい)代には高句麗(こうくり)に属した時期もあった。遼代に臨溟(りんめい)県が置かれ、明(みん)代に海州衛(かいしゅうえい)となり、清(しん)の初め海城県と改名。1985年市となる。紡績、食品などの工業が立地。周辺農村はコウリャン、トウモロコシ、大豆、小麦のほかワタを産し、地下資源としては滑石、マグネサイトがある。[河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海城の関連情報