コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海後磋磯之介(読み)かいご さきのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海後磋磯之介 かいご-さきのすけ

1828-1903 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年5月7日神職の家に生まれる。水戸で剣術や砲術をまなんだ。安政7年(1860)17人の浪士とともに大老井伊直弼(なおすけ)を桜田門外で暗殺。維新後は警視庁や茨城県庁につとめた。明治36年5月19日死去。76歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。名は宗親(むねちか)。のち菊池剛蔵と改名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android