コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海烏/海鴉 ウミガラス

デジタル大辞泉の解説

うみ‐がらす【海×烏/海×鴉】

ウミスズメ科の海鳥。全長44センチくらい。背面は灰黒色、腹部は白い。日本では北海道沿岸の島などの岩場繁殖。オロロン鳥。ロッペン鳥。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うみがらす【海烏】

チドリ目ウミスズメ科の海鳥。全長約45センチメートル。背面は黒色、腹面は白色。西洋梨形の大形卵を一個産む。北半球の寒冷海域に分布。日本では、1970年代以後に激減し、現在は北海道天売島のみで繁殖。絶滅危惧種。ロッペンガモ。ロッペン鳥。オロロン鳥。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海烏 (ウミガラス)

学名:Uria aalge
動物。ウミスズメ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android