コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海豹島(読み)カイヒョウトウ

大辞林 第三版の解説

かいひょうとう【海豹島】

サハリンの東方、オホーツク海にある小島。オットセイの繁殖地として著名。ロシア連邦領。チュレニー島。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海豹島
かいひょうとう

南樺太(からふと)北東部、北知床(しれとこ)岬(テルペニヤ岬)南方約16キロメートルにある小島。ロシア名チュレーニーТюлений島、別名ロッペン(ウミガラス)島。ロシア連邦ではサハリン州の所属。長さ700メートル、幅75メートル、高さ約12メートルの隆起海食台の卓状の島で、海岸には砂礫(されき)の浜が帯状に続く。オットセイの繁殖地として、ロシア連邦のコマンドルスキー諸島(カムチャツカ半島東部)、アメリカのプリビロフ島(ベーリング海)と並んで世界的に有名である。5月下旬~10月上旬にはオットセイのいわゆるハーレムができ、彼らは子を生み育てて、秋には南方に去る。第二次世界大戦前は樺太庁敷香(しくか)支庁に属し、1927年(昭和2)秋の記録で2万8000頭いたオットセイを、官営事業として年間1000~2000頭捕獲した。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の海豹島の言及

【チュレーニー[島]】より

…ロシア連邦東端,サハリン(樺太)東岸に突き出したテルペニア岬(北知床岬)より約18km南にある小島。海豹島,またロッペン島ともいう。島名の〈チュレーニー〉はロシア語でアザラシ類のこと。…

※「海豹島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android