コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涌井荘五郎 わくい そうごろう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

涌井荘五郎
わくいそうごろう
(?―1770)

江戸後期の義民。通称は藤四郎といい、越後(えちご)国新潟で刀剣・武器商を営む商人であった。1768年(明和5)領主牧野氏の過重な御用金賦課に反対して町民が蜂起(ほうき)し、不正な御用商人や町役人を打毀(うちこわ)したときの指導者。鎮圧にきた藩兵を撃退し、一時町政を自治的に管理した珍しい一揆(いっき)であったが、結局藩側の切り崩しによって敗退し、荘五郎は死刑になった。一揆の先頭にたって黒装束の男が勇敢に戦ったという伝説があり、明治以降講談や芝居で演ぜられた。新潟市の白山(はくさん)公園に碑がある。[横山十四男]
『小室信介編『東洋民権百家伝』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

涌井荘五郎の関連キーワード涌井藤四郎

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android