コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液化天然ガス運搬船 えきかてんねんガスうんぱんせんliquefied natural gas carrier; LNG carrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

液化天然ガス運搬船
えきかてんねんガスうんぱんせん
liquefied natural gas carrier; LNG carrier

液化天然ガスを専門に輸送する特殊貨物船。現在タンク容量 12万~13万m3のものが標準型として稼働しており,タンクが独立しているものと船の構造の一部を構成しているものとの2種類がある。 1930年頃石油ガスを加圧して液化したもの (平均液化温度-48℃) を安全に輸送する LPG船がまず出現し,50年代には天然ガスの冷却液化が成功,平均液化温度-162℃という超低温の液化ガスに長時間触れていても変化しない金属の材質を使ったタンクが開発されて,58年世界最初の LNG船として『メタン・パイオニア』号 (タンク総容積 5100m3) が竣工した。天然ガスはカロリーが高く環境を汚染することもないので,電力,都市ガスなどに需要が高まり,日本では 83年以降,輸入 LNGの日本船による輸送を始めることになった。1隻数百億円に上る高船価と海運ストその他の事故による危険が大きく,投資回収にもきわめて長期間を必要とする。しかし都市ガスの LNG化の進行や日本開発銀行 (現日本政策投資銀行) の制度融資などを背景として,LNG船の就行が相次いでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

液化天然ガス運搬船の関連キーワードLPGタンカー液化天然ガス液化ガス超低温