コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷熱利用 れいねつりよう

世界大百科事典 第2版の解説

れいねつりよう【冷熱利用】

ここでは天然ガス液化する際に生ずる冷熱の利用について述べる。液化天然ガス(LNGと略称)は,液化基地で産出する天然ガスの約10%を費やして生産され,常圧で沸点(約-160℃)を保ちながら輸送・貯蔵される。すなわち,LNGは液化時に加えられたエネルギーを内部に保有しているわけで,常温の天然ガスに戻るに際して,大量の熱を周囲から奪って冷やす能力をもっている。この能力をLNGの冷熱といっているが,LNG1kg当り約200kcalの熱を他のものから奪うことができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷熱利用の関連情報