コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷熱利用 れいねつりよう

世界大百科事典 第2版の解説

れいねつりよう【冷熱利用】

ここでは天然ガス液化する際に生ずる冷熱の利用について述べる。液化天然ガス(LNGと略称)は,液化基地で産出する天然ガスの約10%を費やして生産され,常圧で沸点(約-160℃)を保ちながら輸送・貯蔵される。すなわち,LNGは液化時に加えられたエネルギーを内部に保有しているわけで,常温の天然ガスに戻るに際して,大量の熱を周囲から奪って冷やす能力をもっている。この能力をLNGの冷熱といっているが,LNG1kg当り約200kcalの熱を他のものから奪うことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷熱利用の関連情報