コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淝水の戦 ひすいのたたかい

世界大百科事典 第2版の解説

ひすいのたたかい【淝水の戦】

五胡十六国の前と東の決戦。肥水とも書く。氐族苻氏の立てた前秦は苻堅のとき北方諸民族を制覇して華北を統一,内政も充実した。ついで苻堅は中国統一をめざし,国内の反対を押し切って大軍を率いて南下した。東晋は宰相謝安の指導の下に政府軍を派遣して淝水(安徽省)の岸辺でこれと対峙,戦術に失敗した前秦軍が大敗した(383)。この敗戦で前秦は滅亡,華北には再び各民族の国家が乱立して大混乱に陥った。【都築 晶子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の淝水の戦の言及

【晋】より

… たとえば西府をバックとする軍閥の桓温(かんおん)は,蜀の成漢国を滅した(347)のを手始めに,再三にわたる北伐を敢行し,356年(永和12)にはごく一時的ではあるが旧都洛陽の奪還に成功,かかる武功によってにらみをきかせ,禅譲革命をもくろんだ。そのもくろみを失敗に終わらせたのは,宰相謝安の手腕によるところが大であったが,謝安時代にはまた江南の征服をめざして進攻した前秦の苻堅の大軍を淝水の戦で破り(383),難局を切り抜けることを得た。淝水の戦の立役者は謝玄の率いる北府軍団であり,これ以後,北府の位置は以前にもましていちだんと高まったといえる。…

※「淝水の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone