深山薄雪草(読み)ミヤマウスユキソウ

大辞林 第三版の解説

みやまうすゆきそう【深山薄雪草】

キク科の多年草。高山に生える。エーデルワイスに似ているが、全体に小さい。灰白色の綿毛を密生。高さ約15センチメートル。夏、茎頂に淡黄色の頭花を一〇個内外密につけ、総苞葉が数個星形にある。ヒナウスユキソウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

深山薄雪草 (ミヤマウスユキソウ)

学名:Leontopodium fauriei
植物。キク科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みやま‐うすゆきそう ‥うすゆきサウ【深山薄雪草】

〘名〙 キク科の多年草。本州の東北地方の高山に生える。高さ六~一五センチメートル。葉は線形で、両面に白い綿毛を密布。夏から秋にかけ、花茎の先端に数枚の苞葉に囲まれて淡褐色の頭状花を数個つける。苞葉は長さ約二センチメートルの線形で、星形をなし、灰白色。ひめうすゆきそう。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android