コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深心院関白記 じんしんいんかんぱくき

2件 の用語解説(深心院関白記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深心院関白記
じんしんいんかんぱくき

『深心院基平公記』ともいう。鎌倉時代,関白近衛基平の日記。自筆の部分を含めて,建長7 (1255) ~文永5 (68) 年の記事が断続的に伝えられている。なかでも文永5年の蒙古牒状に対する朝議についての記事は貴重である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんじんいんかんぱくき【深心院関白記】

近衛基平(1246‐68)の記した日記。基平は歌人としても知られた鎌倉時代中期の公家。13歳で内大臣となり,1267年(文永4)22歳で関白となったが翌年急逝した。記事は55年(建長7)から68年(文永5)にわたるが,この間に元の国書がもたらされるという事件があり,それに対する朝廷の反応をよく伝えている。《深心院基平公記》等の異称もある。陽明文庫には一部自筆本が現存する。【山本 博也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

深心院関白記の関連キーワード近衛基前近衛基熙絵日記連用日記覚昭近衛家基近衛兼教近衛道嗣(2)近衛基輔近衛基平

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone