深沢紅子(読み)ふかざわ こうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深沢紅子 ふかざわ-こうこ

1903-1993 大正-平成時代の洋画家。
明治36年3月23日生まれ。女子美術学校(現女子美大)卒業後,同郷の深沢省三と結婚。大正14年二科展で初入選。昭和12年一水会に参加し,16年「スカーフの女」が一水会賞。21年女流画家協会の創立にくわわる。盛岡短大教授,自由学園講師をつとめた。平成5年3月25日死去。90歳。岩手県出身。旧姓は四戸(しのへ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深沢紅子の関連情報