コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巽聖歌 たつみ せいか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巽聖歌 たつみ-せいか

1905-1973 大正-昭和時代の童謡詩人,歌人。
明治38年2月12日生まれ。「赤い鳥」その他に詩,童謡を投稿,北原白秋に師事する。与田凖一と同人誌「乳樹」(のち「チチノキ」)を創刊,第二次大戦中に「新児童文化」を編集する。戦後は児童詩教育や新美南吉の紹介につとめた。童謡「たきび」の作詞者。昭和48年4月24日死去。68歳。岩手県出身。本名は野村七蔵。作品に童謡集「春の神様」「おもちゃの鍋」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巽聖歌
たつみせいか
(1905―1973)

童謡詩人、歌人。岩手県生まれ。本名野村七蔵。北原白秋に師事して『赤い鳥』に詩、童謡を発表。「水口」は白秋の絶賛を得た。早くから与田凖一(よだじゅんいち)と親交を結び、上京後は、凖一、佐藤義美(よしみ)らと、戦前戦後にかけて童謡の一時代をつくる。戦後は児童詩教育にも力を注ぎ、新美南吉(にいみなんきち)の作品を世に広めることにも努めた。童謡「たきび」は有名で、『巽聖歌作品集』2巻がある。『多磨(たま)』に拠(よ)る歌人でもあった。[鶴見正夫]
『『巽聖歌作品集』全2巻(1974・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

巽聖歌の関連キーワード深沢 紅子新美 南吉鶴見正夫巽 聖歌昭和時代多磨

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android