深謀遠慮(読み)シンボウエンリョ

デジタル大辞泉の解説

しんぼう‐えんりょ〔‐ヱンリヨ〕【深謀遠慮】

賈誼(かぎ)「過秦論」上から》遠い将来のことまで考えて周到にはかりごとを立てること。深慮遠謀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぼうえんりょ【深謀遠慮】

先々のことまで考えた、深いはかりごと。深慮遠謀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんぼう‐えんりょ ‥ヱンリョ【深謀遠慮】

〘名〙 深いはかりごと。はるか先のことまで深く考えて計画を立てること。
※読史余論(1712)三「父祖の余烈を振ひ家を起しぬれど創業垂統深謀遠慮なかりし事惜むべし」 〔賈誼‐過秦論・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深謀遠慮の関連情報