コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

按察 アンサツ

デジタル大辞泉の解説

あん‐さつ【×按察】

[名](スル)調べてただすこと。特に、政治・行政上についていう。
「大皇帝より南方蓬莱(ほうらい)の通路を―するの命を奉じ」〈魯庵社会百面相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あんさつ【按察】

( 名 ) スル
調べて善悪をただすこと。特に政治上の事について吟味すること。 「大皇帝より南方蓬萊の通路を-するの命を奉じ/社会百面相 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

按察の関連キーワード按察使(旧中国の地方官)エグナチウス・ルフスオクタウィウス巡察使[中国]巡察使[日本]エディクツム万里小路建房アエディリス大伴宿奈麻呂大伴黒麻呂鴨吉備麻呂淑子内親王伊治呰麻呂綾小路有美甘露寺伊長田向重治カエサル藤原正妃小野馬養大伴勝雄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

按察の関連情報