深部感覚(読み)しんぶかんかく

精選版 日本国語大辞典「深部感覚」の解説

しんぶ‐かんかく【深部感覚】

〘名〙 (皮膚より下にあるというところから) 筋肉や腱(けん)などにある受容器によって生ずる感覚。皮膚感覚とともに働いて位置覚、運動覚を起こさせる。〔人体の機能(1952)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「深部感覚」の解説

深部感覚
しんぶかんかく
deep sensation

皮膚や粘膜表面ではなく,それより深部に存在する受容器によって起る感覚。位置感覚運動感覚振動感覚,重量感覚,抵抗感覚など,,腱,関節に関係する感覚をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android