コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動感覚 うんどうかんかくkinesthesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運動感覚
うんどうかんかく
kinesthesis

身体全体もしくは部分の緊張ないし運動についての感覚のこと。主として活動中の筋,関節および腱の受容器からの感覚から成るが,ときに内耳前庭器官からの感覚も加わる。これにより,目を閉じていても自己の肢体の姿勢,位置,運動およびその方向について判断したり,物を持上げたときその重量を判定したりすることができる。これはまた,おもに筋,関節,腱などの自己受容器 (固有受容器) からの感覚に基づくことにより自己受容感覚 (固有受容感覚) ,また,皮膚の深部にその受容器が存在することにより深部感覚とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うんどう‐かんかく【運動感覚】

運動によって起こる感覚。筋・腱(けん)・関節にある受容器がとらえ、自分の姿勢・位置の判断などに重要な働きをする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

運動感覚の関連キーワードジャック・ダルクローズバーチャルリアリティパフォーマンス小児けいれん動物性器官頸部脊椎症ハプニング救らい事業空間芸術大脳皮質感覚障害有機感覚平衡感覚巣症状マッハ視空間未来派生理学触空間身体像

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運動感覚の関連情報