添田貞俊(読み)そえだ さだとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

添田貞俊 そえだ-さだとし

?-1701 江戸時代前期の武士。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)家老。父貞成の代より津軽家につかえる。武術に熟達し,本覚克己流柔術を創始。和歌や書,文筆にもすぐれ,藩祖津軽為信(ためのぶ)による津軽平定をしるした「愚耳旧聴記」がある。元禄(げんろく)14年7月18日死去。通称は儀左衛門。号は泰勝軒雅楽(がらく)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android