添田貞俊(読み)そえだ さだとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

添田貞俊 そえだ-さだとし

?-1701 江戸時代前期の武士。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)家老。父貞成の代より津軽家につかえる。武術に熟達し,本覚克己流柔術を創始。和歌や書,文筆にもすぐれ,藩祖津軽為信(ためのぶ)による津軽平定をしるした「愚耳旧聴記」がある。元禄(げんろく)14年7月18日死去。通称は儀左衛門。号は泰勝軒雅楽(がらく)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android