コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原秋雄 きよはらの あきお

1件 の用語解説(清原秋雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原秋雄 きよはらの-あきお

812-874 平安時代前期の官吏。
弘仁(こうにん)3年生まれ。清原夏野の第4子。射芸にすぐれ,強弓をひく。仁明天皇の侍従となり,伴健岑(ともの-こわみね)と橘逸勢(たちばなの-はやなり)が謀反をくわだてたとされる承和(じょうわ)の変では大枝道(おおえみち)(山陰道の山城・丹波国境)をまもる。のち従四位上,右兵衛督(うひょうえのかみ)。貞観(じょうがん)16年4月24日死去。63歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清原秋雄の関連キーワード朝右王安倍枚麻呂家原氏主多人長紀東人讃岐永成讃岐当世平安典平好風高丘弟越

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone