コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原秋雄 きよはらの あきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原秋雄 きよはらの-あきお

812-874 平安時代前期の官吏。
弘仁(こうにん)3年生まれ。清原夏野の第4子。射芸にすぐれ,強弓をひく。仁明天皇の侍従となり,伴健岑(ともの-こわみね)と橘逸勢(たちばなの-はやなり)が謀反をくわだてたとされる承和(じょうわ)の変では大枝道(おおえみち)(山陰道の山城・丹波国境)をまもる。のち従四位上,右兵衛督(うひょうえのかみ)。貞観(じょうがん)16年4月24日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android