コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘逸勢 たちばなのはやなり

8件 の用語解説(橘逸勢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘逸勢
たちばなのはやなり

[生]?
[没]承和9(842).8.13. 遠江
平安時代初期の官人,書家。入居 (いるいえ) の子,奈良麻呂の孫。延暦 23 (804) 年遣唐使に従って空海,最澄らと入唐。唐人から橘秀才と称賛された。帰国後,従五位下に叙せられ,承和7 (840) 年但馬権守となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐の‐はやなり【橘逸勢】

[?~842]平安初期の官人・能書家。奈良麻呂の孫。遣唐留学生として入唐。帰国後、承和の変に連座して捕らえられ、伊豆へ流される途中没した。三筆の一人であるが、真跡と断定できるものは残っていない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

橘逸勢【たちばなのはやなり】

平安初期の書家。三筆の一人。奈良麻呂の孫。804年遣唐使に従って入唐,のち但馬(たじま)権守となる。842年伴健岑(とものこわみね)の謀叛(むほん)に連座,伊豆に流罪の途中遠江(とおとうみ)国で没したと伝える。
→関連項目三十帖冊子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘逸勢 たちばなの-はやなり

?-842 平安時代前期の官吏。
橘奈良麻呂の孫。橘入居(いりい)の子。延暦(えんりゃく)23年遣唐使にしたがって最澄,空海らとともに入唐(にっとう)。大同(だいどう)元年に帰国。承和(じょうわ)の変の首謀者とされ伊豆(いず)に流される途中,承和9年8月13日遠江(とおとうみ)(静岡県)板築駅(ほんつきのうまや)で没した。能書家で,空海,嵯峨(さが)天皇とともに三筆と称される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

橘逸勢

没年:承和9.8.13(842.9.20)
生年:生年不詳
平安前期の官人。入居の子。奈良麻呂の孫。延暦23(804)年,最澄,空海らと共に留学生として入唐,その才能からかの地で橘秀才と称されたが,その分狷介な性格の持主であったようだ。2年後空海と共に帰国したあと従五位下に叙されたものの,老病を理由に出仕しなかったが,老病というほどの年齢であったとは思えない。承和9(842)年7月,皇太子恒貞親王を擁して東国入りを謀ったいわゆる承和の変では,伴健岑と共に首謀者とされたが(時に但馬権守),事件の真相は不詳。非人の姓を与えられて伊豆国への配流の途中,遠江国板築駅(静岡県三カ日町)で病没した。護送の役人に制止されながらも父のあとを追っていた娘は出家して妙沖と号し,父をその地に葬って供養したという。いま姫街道(東海道の脇街道)にある橘神社がそれと伝える。嘉祥3(850)年5月,橘嘉智子が没するとただちに正五位下を追贈され(3年後,従四位下),本郷への帰葬が許されており,嘉智子のこの事件へのかかわりや逸勢の無実が暗示されている。事件後怨霊として恐れられるようになったのもそれで,貞観5(863)年5月の神泉苑御霊会では早良親王らと共に慰撫の対象とされた。『橘逸勢伝』によれば,左京にあった邸宅(蛟松殿)跡の西に逸勢社があったというが,いまは「八所御霊」のひとつとして上,下御霊神社(京都市上京区,中京区)に祭られている。嵯峨天皇,空海と共に三筆と呼ばれた能書家で,平安宮門の扁額の多くを書いたと伝える。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなのはやなり【橘逸勢】

?‐842(承和9)
平安前期の官人,書家。橘奈良麻呂の孫。その官歴はつまびらかではないが,804年(延暦23)最澄,空海らとともに遣唐使の一員として入唐し,帰国後従五位下に叙せられたが,病気で出仕できなかったといわれ,840年(承和7)但馬権守となった。唐では橘秀才とその書才を賞められたと伝えられ,官人としてよりも書家として名をはせた。842年嵯峨上皇が死の床にあったとき,伴健岑とともに皇太子恒貞親王を擁して東国に入り挙兵せんと謀ったとして,上皇の死後捕縛されたが罪状を認めず,拷問をうけ,非人として伊豆に遠流となった(承和の変)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たちばなのはやなり【橘逸勢】

?~842) 平安初期の官僚・書家。奈良麻呂の孫。804年最澄・空海らとともに入唐。承和の変に加わったとされ、伊豆に流される途中に遠江とおとうみ国で客死。隷書を得意とし三筆の一人に数えられるが、真跡と確証できるものは現存しない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘逸勢
たちばなのはやなり
(?―842)

平安初期の官人で能書。奈良朝に権勢を誇った橘諸兄(もろえ)の曽孫(そうそん)。父は入居。804年(延暦23)遣唐使に随従して入唐(にっとう)、唐人たちに「橘秀才(きっしゅうさい)」とよばれた。806年(大同1)帰朝後は従(じゅ)五位下に叙されたが出仕はせず、840年(承和7)ようやく但馬権守(たじまのごんのかみ)となる。しかし842年、承和(じょうわ)の変によって捕らえられ、伊豆配流の途中、遠江(とおとうみ)板築(いたつき)の宿で非業の死を遂げた。8年後、許されて正五位下を、さらに従四位下を追贈された。能書として名を馳(は)せ、嵯峨(さが)天皇・空海とともに三筆に数えられ、内裏(だいり)の十二門のうち安嘉(あんか)・偉鑒(いかん)・達智(たっち)の三門の額を揮毫(きごう)したという。また「伊都内親王願文(いとないしんのうがんもん)」(御物)、「興福寺南円堂銅灯籠銘(なんえんどうどうとうろうのめい)」の筆者と伝称され、空海の「三十帖冊子(さっし)」の一部にも逸勢の筆跡があると伝える。いずれも確証はないが、とくに「伊都内親王願文」の雄渾(ゆうこん)な筆の跡は「放誕(ほうたん)、細節に拘(こだわ)らず」(続日本後紀(しょくにほんこうき))と形容された逸勢にふさわしい。[尾下多美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の橘逸勢の言及

【三筆】より

…日本の書道史上の3人の能筆家。平安初期の嵯峨天皇空海橘逸勢(はやなり)の3人を指す。3人を特に三筆と称するようになったのがいつごろか明らかでないが,そう古くにはさかのぼらない。…

【承和の変】より

…平安初期の陰謀的な政治事件。842年(承和9)7月,嵯峨太上天皇葬儀の翌日,近衛府の兵により春宮坊帯刀の伴健岑(とものこわみね)と但馬権守橘逸勢(たちばなのはやなり)の私宅が囲まれ,健岑の同族も捕らえられた。平安京と京から地方へ向かう道の要衝5ヵ所を警固せよとの命令も発せられた。…

【祟り】より

…御霊とは政治的に非業の死をとげた人々の怨霊をいい,それが疫病や地震・火災などをひきおこす原因とされたのである。このような御霊信仰の先例はすでに奈良時代にもみられ,僧玄昉(げんぼう)の死が反乱者である藤原広嗣の霊の祟りによるとされたが,平安時代に入ってからはとくに権力闘争に敗れた崇道(すどう)天皇(早良親王),伊予親王,橘逸勢(たちばなのはやなり)などの怨霊が御霊として恐れられ,863年(貞観5)にはその怒りと怨みを鎮めるための御霊会(ごりようえ)が神泉苑で行われた。また承和年間(834‐848)以降は物の怪の現象が文献に頻出するようになるが,これはやがて《源氏物語》などのような文学作品,《栄華物語》のような史書のなかでも大きくとりあげられるようになった。…

※「橘逸勢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橘逸勢の関連キーワード奈良麻橘奈良麻呂の変高丘比良麻呂多治比鷹主橘海雄橘入居橘氏人橘清野橘常子橘安麻呂

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橘逸勢の関連情報