コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴健岑 とものこわみね

6件 の用語解説(伴健岑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伴健岑
とものこわみね

平安時代前期の官人。大伴氏の一族。藤原良房によって承和の変 (842) の主謀者に仕立てられ,隠岐に流された。数年を経て入京したが,再び出雲に移された。良房の勢力拡大に伴う犠牲者の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伴健岑【とものこわみね】

平安前期の官人。生没年不詳。仁明天皇皇太子恒貞親王に春宮坊帯刀として仕えたが,承和の変の首謀者とされ,嵯峨上皇の没後捕らえられ,隠岐に流罪となった。865年赦免され,出雲に遷配された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伴健岑 ともの-こわみね

?-? 平安時代前期の官吏。
仁明(にんみょう)天皇の皇太子恒貞(つねさだ)親王の帯刀舎人(たちはきのとねり)(護衛官)。承和(じょうわ)9年(842)橘逸勢(たちばなの-はやなり)らと親王を奉じて謀反を計画したとして捕らえられ,隠岐(おき)に流される(承和の変)。のち赦免となり,出雲(いずも)にうつされた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伴健岑

生年:生没年不詳
平安前期の官人。春宮坊帯刀舎人(護衛官)として皇太子恒貞親王(淳和天皇の皇子)に仕えたが,承和9(842)年7月,嵯峨上皇の重態を聞き,橘逸勢らと共に皇太子を奉じて東国に赴くことを計画,阿保親王(平城天皇皇子)にこれを図った。しかし阿保が太皇太后橘嘉智子に密告したため事件は発覚,逮捕され拷問の末,隠岐国へ配流された(承和の変)。道康親王(のちの文徳天皇)を立てるため,恒貞の廃太子をもくろむ藤原良房が嘉智子と仕組んだ陰謀との見方が強い。『三代実録』に載せる恩赦記事について,一般には貞観7(865)年5月,恩赦によって入京したのち,勅によって出雲国に遷配されたと理解するが不自然で,入京のことはなく,隠岐から出雲国へ「遷配」されたとみるべきであろう。以後赦免記事はなく,配所で没したのかもしれない。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とものこわみね【伴健岑】

平安前期の官人。生没年不詳。春宮坊帯刀として仁明天皇の皇太子恒貞親王につかえた。842年(承和9)7月,病床の嵯峨上皇が没すれば乱は必定であり,恒貞親王を奉じて東国に赴こう,と健岑が阿保親王を誘ったことが橘嘉智子のもとに伝えられ,上皇の没後に私邸で捕らえられた。健岑はその罪状を否認したが,拷問により隠岐に流罪となった(承和の変)。865年(貞観7)に赦免されたが,出雲に遷配された。【佐藤 宗諄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伴健岑
とものこわみね

生没年不詳。平安初期の官人。春宮坊(とうぐうぼう)の帯刀舎人(たちはきのとねり)の任に就いていた。842年(承和9)7月、橘逸勢(たちばなのはやなり)らと皇太子の恒貞(つねさだ)親王を擁立し謀反を起こそうとしたという理由で捕らえられ、隠岐(おき)へ配流された。これを承和(じょうわ)の変というが、その発端は健岑が、嵯峨太上(さがだじょう)天皇が亡くなる数日前、弾正尹(だんじょうのいん)であった阿保(あぼ)親王のもとにきて、嵯峨太上天皇が亡くなれば国家の乱は起こるに違いないと語ったことにあった。しかしこの承和の変の真相は、藤原良房(よしふさ)の策略であって、皇太子の恒貞親王を廃し、良房の妹順子(じゅんし)の生んだ道康(みちやす)親王を皇太子にたて、あわせて良房一派の勢力を確立しようとしたところにあって、健岑は、その政治の流れのなかでの犠牲者の1人であった。[佐伯有清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伴健岑の言及

【承和の変】より

…平安初期の陰謀的な政治事件。842年(承和9)7月,嵯峨太上天皇葬儀の翌日,近衛府の兵により春宮坊帯刀の伴健岑(とものこわみね)と但馬権守橘逸勢(たちばなのはやなり)の私宅が囲まれ,健岑の同族も捕らえられた。平安京と京から地方へ向かう道の要衝5ヵ所を警固せよとの命令も発せられた。…

※「伴健岑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伴健岑の関連キーワード養賢授刀舎人寮帯刀帯刀の舎人舎人監春宮大夫藤原節信帯刀舎人授刀舎人春宮坊舎人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone