コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水誠 しみず まこと

3件 の用語解説(清水誠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水誠 しみず-まこと

1846*-1899 明治時代の実業家。
弘化(こうか)2年12月25日生まれ。明治3年加賀金沢藩の留学生としてパリ工芸学校にまなぶ。吉井友実(ともざね)の勧めで,帰国後の9年新燧(しんすい)社を創立して国産マッチを製造,翌年には上海へも輸出。11年ふたたび渡欧して,安全マッチの製法を導入した。明治32年2月8日死去。55歳。本姓は嶺。幼名は金之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清水誠

没年:明治32.2.8(1899)
生年:弘化2.12.25(1846.1.22)
明治時代の発明家,実業家。金沢藩士の子。通称金之助。明治3(1870)年フランスへ留学,同地で吉井友実からマッチを輸入している日本の実情を聞き,帰国後は生涯を通じてマッチに傾倒。明治8(1875)年東京三田四国町の吉井の別邸に仮工場を設けてマッチ製造を開始し,翌年9月本所柳原町に新燧社を設立。当時の士族授産,貧民救助の趣旨にも沿ったもので,わが国マッチ工業の端緒である。11年再びヨーロッパ諸国を巡り,安全マッチの製法を学び,日本のマッチ輸出に貢献した。晩年は不遇で,21年12月新燧社は解散。郷里金沢に隠退したが,のち単身大阪に出てマッチ製造機械の開発に努め,旭燧館を設立している。<参考文献>松本三都正編『清水誠先生伝』

(武知京三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水誠
しみずまこと
(1846―1899)

日本のマッチ産業の創始者。金沢藩士で、1870年(明治3)藩のフランス留学生(廃藩後は文部省留学生)として渡仏。工芸学校に在学中、宮内次官吉井友美(1828―1891)と会ったことが契機でマッチ製造を志し、1875年に帰国、三田の吉井別邸を仮工場とし、黄燐(おうりん)マッチを製造販売、さらに政府の保護を受け、翌1876年、東京・本所柳原町(現、墨田区江東橋1丁目)に新工場を建て、新燧社(しんすいしゃ)と称した。安全な赤燐マッチの製造技術を習得するため、1878年再度渡欧し、スイスの工場などを視察、成果を得て帰国した。1880年には国産品だけで需要を満たすまでに発展した。[菊池俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水誠の関連キーワードベッセマー石井直治加藤恒西川甫長谷川準也平野藤兵衛広瀬千磨真崎照郷松村務本水登勇太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水誠の関連情報