清水金一(読み)しみず きんいち

  • 清水金一 しみず-きんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1912-1966 昭和時代の喜劇俳優。
明治45年5月5日生まれ。大阪のピエルボーイズ,浅草の笑の王国をへて,昭和17年堺駿二(さかい-しゅんじ)らと新生喜劇座を結成。浅草を本拠に公演し,シミキンの愛称で人気をよんだ。25年朝霧鏡子と結婚。昭和41年10月10日死去。54歳。山梨県出身。本名は雄三,のち武雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android