コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清須会議 きよすかいぎ

1件 の用語解説(清須会議の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きよすかいぎ【清須会議】

1582年(天正10)山崎合戦直後の6月27日,清須城で本能寺の変後の事態収拾のため織田氏諸将により行われた会議。信長の次男で北畠氏を継いでいた信雄(のぶかつ)と,三男で神戸(かんべ)氏を継いでいた信孝とが継嗣となることを争い,諸将も党を組んでそれぞれ両者を支持したが,羽柴秀吉の強力な主張で信長の嫡子信忠の遺児三法師(後の秀信)が後継者と決まった。信孝は美濃を領し三法師を守って岐阜城に,信雄は尾張を領し清須城にいることとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の清須会議の言及

【織田秀信】より

…幼名三法師。本能寺の変後,清須会議で羽柴(豊臣)秀吉に擁されて織田家の継嗣に決まり安土城に入る。その後岐阜に移り,秀吉から一字を与えられ秀信と名のる。…

※「清須会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清須会議の関連キーワード斎藤利三天王山山崎の戦い山崎の合戦本多信俊山崎片家山崎猛山崎治正

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清須会議の関連情報