田園調布(読み)でんえんちょうふ

日本大百科全書(ニッポニカ)「田園調布」の解説

田園調布
でんえんちょうふ

東京都大田区北西端にある地区多摩川に臨む武蔵野(むさしの)台地にあり、調布市と同じように、古代に多摩川の清流で布をさらし、朝廷に調(みつ)いだのが地名の由来。1918年(大正7)に、現在の東急電鉄東横線・目黒線の田園調布駅西側に、渋沢栄一らによって、放射状道路を敷設した田園都市が計画され、住宅地が売り出された。東京の中でも高級住宅街として知られる。亀甲山古墳(かめのこやまこふん)を中心とした多摩川台公園がある。

沢田 清]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「田園調布」の解説

田園調布
でんえんちょうふ

東京都大田区北西部にある地区。多摩川にのぞむ台地上に,関東大震災後,土地会社が田園都市計画 (→田園都市 ) に基づいてつくった住宅地。東京急行電鉄東横・目黒線が通じ,田園調布駅西口からは道路が放射状および環状通り,住宅が1戸あたり 330m2基準に建てられている。緑地を多く残して田園的景観をそなえた高級住宅街として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「田園調布」の解説

でんえんちょうふ デンヱンテウフ【田園調布】

東京都大田区の北西部から世田谷区南部にまたがる地域名。特に大田区内の東急東横・目黒線田園調布駅の周辺をいう。大正七年(一九一八)渋沢栄一らの田園都市建設計画により造成された東京の代表的高級住宅地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「田園調布」の解説

田園調布【でんえんちょうふ】

東京都大田区北西部の一地区。関東大震災後,土地会社が多摩川に臨む台地上に田園都市計画のもとに造成した郊外住宅地で,東急東横線,同目黒線が通じ,駅を中心に放射路,環状路が走る。
→関連項目田園都市

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「田園調布」の解説

でんえんちょうふ〔デンヱンテウフ〕【田園調布】

東京都大田区北西部の地名。大正7年(1918)渋沢栄一らの田園都市計画により開発された住宅地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「田園調布」の解説

でんえんちょうふ【田園調布】

東京都大田区の北西端の地名。多摩川に臨み,神奈川県に対する。1889年成立の調布村の一部であったが,大正時代に導入された田園都市運動の一環として,渋沢栄一が1918年に田園都市株式会社を設立,住宅地を造成した際に田園の2字を冠して田園調布とした。現在の東急東横線・目蒲線田園調布駅西口の駅前広場を中心に放射路,環状路を設置し,一区画100~500坪(330~1650m2)の上・下水道完備の高級住宅地として売り出された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の田園調布の言及

【田園都市】より

…しかし,これらの大部分は大都市の一部としての田園郊外開発かベッドタウン的なもので,ハワードの提唱する田園都市型のものはきわめて少ない。日本でも渋沢栄一らが中心となって大正末期,田園都市株式会社が設立され,田園郊外開発型の1~2戸建高級住宅街が田園調布に建設され,また阪神地方でも同種の住宅地区が出現した。第2次大戦後,大都市郊外の鉄道沿線で,駅を中心に公共セクターや民間セクターにより大規模な宅地開発が盛んに行われたが,戦後の高地価,宅地難のため過小宅地が多く,田園調布のような高水準に達していない状況にある。…

※「田園調布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android