コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減塩食 げんえんしょくsalt-free diet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減塩食
げんえんしょく
salt-free diet

浮腫の防止と腎臓の負担軽減のためナトリウム量を減らした食塩制限食。 (1) 無塩食,(2) 中等度減塩食 (1日1~3g) ,(3) 軽度減塩食 (1日5~8g) に分ける。腎性浮腫高血圧症うっ血性心不全などの治療に用いられる。無塩食はおもに入院中に用いられるが,天然食品にも少量の食塩が含まれているので,ナトリウムの最低必要量 (1日 250mg) は確保できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げんえん‐しょく【減塩食】

血圧や浮腫(ふしゅ)を伴う疾患の際に用いられる、食塩の使用を制限する食事療法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

減塩食

 食塩の量を減らした食事

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

減塩食の関連キーワード慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意解離性大動脈瘤(急性大動脈解離)産褥期の注意すべき症状と対策低ナトリウム食品高齢出産と注意腹部大動脈瘤門脈圧亢進症老人性高血圧糸球体腎炎隠れ熱中症腎硬化症高血圧心不全病院食子癇

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減塩食の関連情報