コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡御 トギョ

デジタル大辞泉の解説

と‐ぎょ【渡御】

[名](スル)
天皇・皇后などがおでましになること。出御(しゅつぎょ)。のちには将軍にも用いられた。
神輿(みこし)が進むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とぎょ【渡御】

( 名 ) スル
天皇・三后(のちには将軍)がお出ましになること。出御しゆつぎよ
祭礼の際の、神輿みこしのお出まし。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

渡御の関連キーワード室根神社祭のマツリバ行事伊万里トンテントン祭り熊甲二十日祭の枠旗行事弥彦神社燈篭おしと舞楽暗闇祭り・暗闇祭貴船神社の船祭り祇園祭と御旅所東照宮千人行列諸手船の神事深川八幡祭り北条の秋祭り天神祭と渡御見付天神裸祭坂越の船祭り吉田の火祭函館八幡宮鞍馬の火祭移徙・渡座神輿宿り寒川神社

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡御の関連情報