コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡瀬常吉 わたぜ つねよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡瀬常吉 わたぜ-つねよし

1867-1944 明治-昭和時代前期の牧師。
慶応3年7月28日生まれ。徳富蘇峰(とくとみ-そほう)の大江義塾にまなび,キリスト教入信。明治43年日本組合基督(キリスト)教会から伝道のため朝鮮に派遣される。一時は信徒2万をかぞえたが,独立運動のたかまりとともに衰退,朝鮮伝道部は廃止され,大正10年帰国。昭和19年11月14日死去。78歳。肥後(熊本県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

渡瀬常吉

没年:昭和19.10.14(1944)
生年:慶応3.7.28(1867.8.27)
日本統治下の朝鮮伝道を推進した日本組合教会の牧師。八代(熊本県)に生まれる。徳富蘇峰の大江義塾で学び,八代教会でキリスト教に入信。熊本英学校教師,神戸教会牧師などを歴任。明治43(1910)年,日韓併合により総督府の援助を受けた日本組合教会が朝鮮伝道を開始するや,その主任となり,朝鮮人の臣民化とキリスト教伝道を強力に推進。一時は200の教会と信徒2万人を数えた。この朝鮮伝道は総督府の機密費を受けたため,柏木義円らが反対し,教会と国家の関係のあり方に深刻な教訓を与えた。<著作>『日本神学の提唱』

(原誠)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

渡瀬常吉の関連キーワードカミュスタージェスもの派レジスタンス文学イギリス領北アメリカ条例ルコック探偵ナビ派ハルトマン中国白書鶴沢道八(1世)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android