コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺政香 わたなべ まさか

2件 の用語解説(渡辺政香の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺政香 わたなべ-まさか

1776-1840 江戸時代後期の国学者,漢学者。
安永5年7月16日生まれ。三河(愛知県)幡豆郡(はずぐん)寺津八幡宮の神職。浜島錦城,山口角太夫,足代弘訓(あじろ-ひろのり)にまなぶ。地方史書「三河志」を編修,「三河人物誌」や天保(てんぽう)7年におきた加茂一揆(いっき)の記録「鴨(かも)の騒立(さわぎたち)」などをあらわした。天保11年9月28日死去。65歳。字(あざな)は三善。通称は助太夫。号は保宝葉園など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺政香

没年:天保11.9.28(1840.10.23)
生年:安永5.7.16(1776.8.29)
江戸後期の国学者,漢学者。字は三善。順輔,普磋吉,助太夫と称した。保宝葉園,磯泊散人,臥蝶園などはその号。源姓。三河国(愛知県)幡豆郡寺津村の寺津八幡宮神官の家に生まれる。父助三郎,母りや。寛政11(1799)年,兄の死去により家を継ぎ,寺津八幡宮神官となる。幡豆郡羽角村の浜島文貞に学び,また郷里を出て京都の白川資延王,伊勢の足代弘訓について歴史と和歌を修めた。写本で伝わるその著書・編著は,神道史考証をはじめ,歴史地理,月次詩歌,紀行文など幅広い。『鴨の騒立』(写本,1冊)は,天保7(1836)年の加茂一揆に取材した記録。『三河志』(43巻,1836年序),『三河人物誌』(2巻,1839年序),『今昔三河奇談』(1840)の一連の郷土地誌は特に知られている。<参考文献>『西尾市史』3巻

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡辺政香の関連キーワード江沢講修今村宗博生田萬川口長孺間宮八十子長治祐義渡辺寿佐倉真邦桜井信景国学者

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone