コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加茂一揆 かもいっき

4件 の用語解説(加茂一揆の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かもいっき【加茂一揆】

1836年、凶作と米価高騰を原因に三河国挙母ころも藩でおこった騒動。騒動は挙母・岡崎藩など五藩と一九の旗本領に展開、記録「鴨の騒立」に、この騒動で世直しが主張されたとあることで知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

加茂一揆【かもいっき】

1836年に三河国加茂郡を中心に起こった百姓一揆。同年の暴風雨による凶作や米価高騰は,綿花などの商品作物栽培や馬稼ぎに従事し,買米に頼ることが多かった加茂郡一帯の貧農層を直撃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かもいっき【加茂一揆】

1836年(天保7)秋,三河国加茂郡一円で起こった百姓一揆世直しを求めた先駆的な一揆として著名。この年は,天保の飢饉期でもっとも凶作で米価が暴騰したため,1833年の飢饉で領内に一揆が起こった諸藩などは,秋を待たず事前に米などの他領移出を禁止した。このため商品生産や流通の仕事に従事し,他領からの買米に依存していた三州馬稼ぎなどの貧農たちは,米価の暴騰と不況によって極度に困窮した。この窮状を打開しようとして農民らは9月21日米価をはじめ諸物価の値下げ,無尽の2年休講などを求めて加茂郡松平村を起点に穀屋,酒造業の商人らに対する打毀(うちこわし)に立ち上がった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加茂一揆
かもいっき

1836年(天保7)9月に三河(みかわ)国(愛知県)加茂郡を中心に起こった百姓一揆。同年の凶作による物価暴騰をきっかけに、9月21~25日に加茂、額田(ぬかた)両郡の農民ら一万数千人が、年貢金納相場引下げ、物価値下げ、頼母子講(たのもしこう)休会などの要求を掲げ、足助(あすけ)町(豊田(とよた)市)などの多数の在郷商人らの打毀(うちこわし)をした。参加者は「世直し」を呼号したといわれ、また参加村7町240か村の領域は幕領、5藩領、19旗本領にまたがる広範囲なもので、広域闘争、世直し一揆の典型の一つである。このため水野忠邦(ただくに)ら天保(てんぽう)期(1830~44)の幕藩領主層に深刻な影響を与え、徳川斉昭(なりあき)は政治改革の必要を将軍に建白した『戊戌封事(ぼじゅつふうじ)』のなかで、「内憂外患」の一例として大塩の乱とともに加茂一揆をあげている。この一揆の記録『鴨(かも)の騒立(さわだち)』は、一揆文献のなかで「世直し」の表現がみられる早い例として有名であり、打毀のようすや一揆指導者辰蔵(たつぞう)が痛烈に領主を批判する姿などをリアルに描写している。[齋藤 純]
『『豊田市史 第2巻』(1981・豊田市) ▽布川清司著『農民騒擾の思想史的研究』(1970・未来社) ▽齋藤純著『三河加茂一揆と旗本領主支配の危機』(『天保期の人民闘争と社会変革 上』所収・1980・校倉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の加茂一揆の言及

【世直し】より

…それは,騒動勢が藩から譲歩をかちとったことを喜ぶとともに,団結を誓う象徴として〈四原世直大明神 総氏子 在中 町中〉と記した高札が立てられたものであった。ついで36年(天保7)の三河鴨騒動(加茂一揆)では,騒動は世直し大明神の現罰であるとする主張がなされたというが,これは渡辺政香の《鴨の騒立(さわだち)》だけにある記述で,確定しがたい。なお19世紀半ばまでは,騒動とは関係なく,世直し大明神が使われる場合も少なくなかった。…

※「加茂一揆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加茂一揆の関連キーワード勝田竹翁足助重範徳川氏松平氏加茂紙三河衆足助重氏本多忠民松平辰蔵渡辺政香

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone