コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺治 わたなべ おさむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺治 わたなべ-おさむ

1864-1893 明治時代の新聞経営者,政治家。
元治(げんじ)元年2月生まれ。時事新報にはいり,のち都新聞を経営する。明治22年大阪毎日新聞に主筆としてまねかれる。23年衆議院議員に当選。同年大阪毎日新聞社長となる。東京の朝野新聞社を買収し,社長をかねた。明治26年10月15日死去。30歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。慶応義塾卒。号は台水。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の渡辺治の言及

【毎日新聞】より

…85年《大阪日報》に題号を戻し,いったん休刊の後,88年11月大阪実業界の支援により《大阪毎日新聞》として再発足した。当初は大同団結運動支持の柴四朗(東海散士)主筆の下で政治色が強かったが経営上は振るわず,89年からは本山彦一相談役と渡辺治(1864‐93)社長兼主筆の指導の下に穏和な論調の紙面作りと広告収入の増加で発展し,《大阪朝日新聞》と並ぶ阪神地方の有力紙となった。97年から原敬,1900年から小松原英太郎(1852‐1919)が社長を務め,とくに原は紙面の平易化,家庭面,海外通信の拡充に努めた。…

※「渡辺治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渡辺治の関連キーワード過激社会運動取締法案思想犯保護観察法渡辺 巳之次郎特別高等警察渡辺巳之次郎憲法改正問題治安維持法治安警察法連鎖球菌予防拘禁渡辺台水明治時代政治家永峯元治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡辺治の関連情報