コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺蒙庵 わたなべ もうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺蒙庵 わたなべ-もうあん

1687-1775 江戸時代中期の医師。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。医学を小川朔庵(さくあん),儒学中野撝謙(ぎけん),太宰(だざい)春台にまなぶ。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩主本庄資訓(すけのり)につかえ典医,侍講となる。致仕後浜松に塾をひらく。門人に賀茂真淵(かもの-まぶち)ら。安永4年2月27日死去。89歳。名は操。字(あざな)は友節(ゆうせつ)。別号竹亭。著作に「国語解刪補」「老子愚読」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の渡辺蒙庵の言及

【賀茂真淵】より

…22年に春満は江戸下向の途中,杉浦家に滞在,このとき真淵は春満に会っているはずである。真淵は20歳をこえたのち,渡辺蒙庵に漢学を学ぶ。蒙庵は太宰春台に古文辞学を学び,老荘の思想に関心のふかい学者である。…

※「渡辺蒙庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渡辺蒙庵の関連キーワード賀茂真淵(かもまぶち)渡辺友節内山真竜貞享