コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野撝謙 なかの ぎけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野撝謙 なかの-ぎけん

1667-1720 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文7年生まれ。故郷の肥前長崎でおじの林道栄(どうえい)に儒学と書をまなぶ。19歳で江戸にでて朱子学をおさめ,下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)の儒者となる。将軍徳川綱吉もしばしば関宿藩邸にいき撝謙に講義を命じたという。享保(きょうほう)5年7月23日死去。54歳。名は継善。字(あざな)は完翁。通称は善助

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中野撝謙の関連キーワード松崎白圭太宰春台安藤東野渡辺蒙庵

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android