中野撝謙(読み)なかの ぎけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野撝謙 なかの-ぎけん

1667-1720 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文7年生まれ。故郷の肥前長崎でおじの林道栄(どうえい)に儒学と書をまなぶ。19歳で江戸にでて朱子学をおさめ,下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)の儒者となる。将軍徳川綱吉もしばしば関宿藩邸にいき撝謙に講義を命じたという。享保(きょうほう)5年7月23日死去。54歳。名は継善。字(あざな)は完翁。通称は善助

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android