コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湍津姫命/多岐都比売命 タギツヒメノミコト

3件 の用語解説(湍津姫命/多岐都比売命の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たぎつひめ‐の‐みこと【湍津姫命/多岐都比売命】

日本神話で、天照大神素戔嗚尊(すさのおのみこと)との誓約(うけい)のときに、素戔嗚尊の剣から生まれた三女神の一。福岡県の宗像(むなかた)大社の祭神で、中津宮に鎮座するとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湍津姫命 たぎつひめのみこと

記・紀にみえる女神。
素戔嗚尊(すさのおのみこと)と天照大神(あまてらすおおみかみ)が高天原(たかまがはら)で誓約(うけい)をした際,天真名井(あめのまない)の水滴の中から生まれた宗像(むなかた)三神の一神。航海安全,交通安全の神とされ,福岡県玄海町の宗像大社の中津宮にまつられる。「古事記」では多岐都比売命。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

湍津姫命

福岡県大島村にある宗像大社中津宮の祭神。天照大神(アマテラスオオミカミ)と素戔嗚尊(スサノオノミコト)の誓約で,アマテラスがスサノオの剣を噛んで噴き出した霧により,田霧姫命(田心姫命)に次いで出現した女神。のち,市杵島姫が出現。『古事記』では,多岐都比売命と記され,第3子として出現して辺津宮に鎮座したという。「たぎつ」とは,水が激しくさかまき流れる意。「激流の女神」として,玄界灘の波浪を表したものか。宗像大社は海上交通の要衝にあり,古来,渡航者や漁業従事者の尊崇を受け,大和朝廷の大陸進出にともない,対外航路の守護神として重視されるようになった。

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湍津姫命/多岐都比売命の関連キーワード沖ノ島遺跡高津宮宗像市杵島姫命宗像大社筑前大島宗像・沖ノ島と関連遺産群沖の島秦都理宗像氏貞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone