コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湍津姫命/多岐都比売命 タギツヒメノミコト

3件 の用語解説(湍津姫命/多岐都比売命の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たぎつひめ‐の‐みこと【湍津姫命/多岐都比売命】

日本神話で、天照大神素戔嗚尊(すさのおのみこと)との誓約(うけい)のときに、素戔嗚尊の剣から生まれた三女神の一。福岡県の宗像(むなかた)大社の祭神で、中津宮に鎮座するとされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湍津姫命 たぎつひめのみこと

記・紀にみえる女神。
素戔嗚尊(すさのおのみこと)と天照大神(あまてらすおおみかみ)が高天原(たかまがはら)で誓約(うけい)をした際,天真名井(あめのまない)の水滴の中から生まれた宗像(むなかた)三神の一神。航海安全,交通安全の神とされ,福岡県玄海町の宗像大社の中津宮にまつられる。「古事記」では多岐都比売命。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

湍津姫命

福岡県大島村にある宗像大社中津宮の祭神。天照大神(アマテラスオオミカミ)と素戔嗚尊(スサノオノミコト)の誓約で,アマテラスがスサノオの剣を噛んで噴き出した霧により,田霧姫命(田心姫命)に次いで出現した女神。のち,市杵島姫が出現。『古事記』では,多岐都比売命と記され,第3子として出現して辺津宮に鎮座したという。「たぎつ」とは,水が激しくさかまき流れる意。「激流の女神」として,玄界灘の波浪を表したものか。宗像大社は海上交通の要衝にあり,古来,渡航者や漁業従事者の尊崇を受け,大和朝廷の大陸進出にともない,対外航路の守護神として重視されるようになった。

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone