市杵島姫命(読み)イチキシマヒメノミコト

  • 市杵島姫命 いちきしまひめのみこと
  • 市杵島姫命/市寸島比売命

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

記・紀にみえる神。
天照大神(あまてらすおおみかみ)と素戔嗚尊(すさのおのみこと)が誓約(うけい)をしたとき,素戔嗚尊の剣から生まれた宗像(むなかた)三神のうちの1神。神に斎(いつ)く島の女性の意味をもつ。「日本書紀」では瀛津島姫(おきつしまひめの)命の別名ともつたえる。「古事記」には市寸島比売命とあり,別名は狭依毘売(さよりひめの)命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宗像大社辺津宮(福岡県玄海町田島)の祭神。『古事記』では市寸島比売命。宗像大社は,このほか湍津姫命を祭神とする大島村の中津宮,田心姫命(田霧姫)を祭神とする大島村沖ノ島の沖津宮の3つの宮からなる。天照大神(アマテラスオオミカミ)と素戔嗚尊(スサノオノミコト)の誓約において,アマテラスが,スサノオの剣を噛んで噴き出した霧によって出現した3女神の第3子。イチキとは,神霊を斎き祭る意。『古事記』によれば第2子で,別名狭依毘売命,鎮座地は中津宮とされ,『日本書紀』一書(別伝)では,瀛津嶋姫の別名とされ,沖津宮に鎮座したとも伝えられており,鎮座地については異伝が多い。宗像大社は筑紫(福岡県)の豪族宗像氏により奉斎された。なお,広島県宮島の厳島神社の祭神もこの3女神とする説が有力である。<参考文献>益田勝美『秘儀の島』

(寺田恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天照大神(あまてらすおおみかみ)と須佐之男命(すさのおのみこと)が誓約(うけい)をした際、須佐之男命の剣から生まれた三女神のなかの一神(『古事記』)。神の島である沖ノ島の神を斎(いつ)き祀(まつ)る巫女(みこ)の意で、巫女が神になっている。宗像(むなかた)大社(福岡県)の辺津(へつ)宮の祭神で宗像氏が祀る。

[守屋俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市杵島姫命の関連情報