湘南平(読み)ショウナンダイラ

デジタル大辞泉の解説

しょうなん‐だいら〔シヤウナンたひら〕【湘南平】

神奈川県南部にある高麗山(こまやま)公園の一部。平塚市側にある山頂平坦部をいう。桜の名所で、標高180メートル。北に大山・丹沢山地、東に江の島三浦半島房総半島、西に富士箱根、南に相模灘(さがみなだ)から大島を望むことができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の湘南平の言及

【淘綾丘陵】より

… 丘陵は西部の曾我山の不動山(327m)を最高所とし,南東にゆるやかに傾斜する。南東端の高麗(こま)山は山頂に高来神社があって緑濃い樹叢が残り,それに続く湘南平は眺望がよい。丘陵内を南下する葛(くず)川,中村川(押切川)の浸食谷に農村集落があり,タバコ,ラッカセイの栽培と酪農が盛んであったが,近年は住宅地化が進み,内陸部にはゴルフ場も開かれている。…

※「湘南平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湘南平の関連情報