コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯原和夫 ゆはらかずお

百科事典マイペディアの解説

湯原和夫【ゆはらかずお】

彫刻家。東京生れ。東京芸大卒。1958年新制作協会展出品。1962年渡仏,パリを拠点に制作。1965年パリ・ビエンナーレ,1969年グッゲンハイム国際彫刻展に出品。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯原和夫 ゆはら-かずお

1930- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和5年9月30日生まれ。昭和33年新制作協会展で新作家賞。42年現代日本彫刻展で受賞。44年サンパウロ-ビエンナーレに出品。47年中原悌二郎賞優秀賞。ステンレススチールをもちいて,密度のたかい空間表現を追求する。東京出身。東京芸大卒。作品に「不快な門」「作品―16'」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

湯原和夫の関連キーワード彫刻家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android