寒菊(読み)カンギク

  • 寒菊 (カンギク)
  • 寒菊(かんきく)

デジタル大辞泉の解説

菊の一品種。花も葉も小形。霜に強く、12月から翌年1月にかけて黄色い花を咲かせる。こがねめぬき。しもみぐさ。 冬》「―の雪をはらふも別かな/犀星
餅を薄く切ってから菊の花や葉の形に抜き、あぶって白砂糖の衣をつけたもの。長崎市銘菓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

動物。リュウテンガイ科の貝
学名:Chrysanthemum indicum var.hibernum
植物。キク科の油菊の品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① アブラギクの園芸品種。原種にくらべて花期がおそく一二月から一月にかけて開花し、茎や葉が霜にたえる性質がある。頭花は黄色で、周辺と中心花の発達がよく、全体が泡立ったようにみえる。冬菊。《季・冬》
※再昌草‐天文三年(1534)一二月一三日「三径就荒無客来、一籬寒菊映青苔
※俳諧・炭俵(1694)下「寒菊や粉糠のかかる臼の端〈芭蕉〉」
② 長崎市の名物菓子。軽く搗(つ)いた寒中の餠を薄くのばして菊の花や葉の型に抜き、焙炉(ほいろ)であぶり、白砂糖の中でかき合わせ、衣をつけたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒菊の関連情報