コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源五郎鮒 ゲンゴロウブナ

デジタル大辞泉の解説

げんごろう‐ぶな〔ゲンゴラウ‐〕【源五郎×鮒】

フナの一亜種。全長約40センチ。体高が高く、側扁し、体色は銀白色。琵琶湖水系の特産種であったが、移植されて各地に広がった。カワチブナあるいはヘラブナはこの飼養品種。おうみぶな。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんごろうぶな【源五郎鮒】

コイ目の淡水魚。全長40センチメートルに達する。フナの一種で、体は側扁し、体高が高い。琵琶湖特産であったが、移殖により各地の河川湖沼で繁殖している。食用。釣りの対象魚。ヘラブナ。ヘラ。カワチブナ。オウミブナ。 → フナ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

源五郎鮒 (ゲンゴロウブナ)

動物。コイ科のフナの一亜種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

源五郎鮒の関連キーワード源五郎の天昇り東西庵南北動物鮒鱠

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android