源五郎鮒(読み)げんごろうぶな

精選版 日本国語大辞典「源五郎鮒」の解説

げんごろう‐ぶな ゲンゴラウ‥【源五郎鮒】

〘名〙 琵琶湖原産の大形のフナ類の一種。全長六〇センチメートルにも達する。体は側扁し体高が高い。全体に灰白色で、銀白色の光沢がある。河川下流部の流れのおだやかな場所や湖沼の沖合の中層を群泳する。植物性プランクトンを主食とする。一説に琵琶湖畔の漁夫の錦織源五郎が湖で捕えて安土城主に献上したことからこの名を得たという。味はあまりよくない。自然分布は琵琶湖・淀川水系であるが、この飼育型はヘラまたはヘラブナと呼ばれ、釣り魚として各地で放流され、現在、ほぼ全国に分布。げんごろう。《季・夏》 〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「源五郎鮒」の解説

源五郎鮒 (ゲンゴロウブナ)

動物。コイ科のフナの一亜種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「源五郎鮒」の解説

げんごろう‐ぶな〔ゲンゴラウ‐〕【源五郎×鮒】

フナの一亜種。全長約40センチ。体高が高く、側扁し、体色は銀白色。琵琶湖水系の特産種であったが、移植されて各地に広がった。カワチブナあるいはヘラブナはこの飼養品種。おうみぶな。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android