コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源介(1)(読み)げんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源介(1) げんすけ

?-? 江戸時代前期-中期の陶工。
野々村仁清(にんせい)の指導のもとに京都御菩薩(みぞろ)池(深泥(みどろが)池)の付近に窯をきずき,茶器や花瓶,その他の雑器をつくった。御菩薩焼といわれ,粟田(あわた)焼の影響がみられる。源助とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android