コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源仲遠 みなもとの なかとお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源仲遠 みなもとの-なかとお

?-1266 鎌倉時代の官吏。
宇多源氏,源仲兼の子。後嵯峨(ごさが)院の細工所をつかさどる。近江(おうみ)(滋賀県)日吉神社神輿(しんよ)造り替えを3度担当した。文永3年5月26日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源仲遠

没年:文永3.5.26(1266.6.30)
生年:生年不詳
鎌倉中期の後嵯峨院細工所の管領者。父は近江守仲兼。3度にわたって日吉社神輿の造替を担当し,比叡山とのかかわりが深い。「日吉山王利生記」は,仲遠の菩提を弔うために,遺族がつくらせたものという説もある。

(本郷恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

源仲遠の関連キーワード鎌倉時代宇多源氏没年官吏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android