コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源仲遠 みなもとの なかとお

2件 の用語解説(源仲遠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源仲遠 みなもとの-なかとお

?-1266 鎌倉時代の官吏。
宇多源氏,源仲兼の子。後嵯峨(ごさが)院の細工所をつかさどる。近江(おうみ)(滋賀県)日吉神社の神輿(しんよ)造り替えを3度担当した。文永3年5月26日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源仲遠

没年:文永3.5.26(1266.6.30)
生年:生年不詳
鎌倉中期の後嵯峨院細工所の管領者。父は近江守仲兼。3度にわたって日吉社神輿の造替を担当し,比叡山とのかかわりが深い。「日吉山王利生記」は,仲遠の菩提を弔うために,遺族がつくらせたものという説もある。

(本郷恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

源仲遠の関連キーワードナポリ王国パートタイム労働者戦争孤児衡山神学大全吾妻鏡神奈川シチリアの晩鐘宗尊親王蓮華王院

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone